HOME > ユニバーサル結納しきたり館 > 結納の歴史

結納の歴史


結納の歴史

結納の起源は、1,400年前の仁徳天皇の時代にまで遡ります。
日本書記には仁徳天皇の皇太子(後の履中天皇)が羽田矢代宿禰の娘、黒媛を妃とされた時に
納菜が贈られました。これが現在の結納にあたります。
結納の作法が整えられたのは室町時代小笠原家などによって行われました。
当時は公家や武家の間のみで行われ、庶民にとっては結婚式を挙げる習慣すら
特になかったので結納は別世界のものでありました。
江戸時代なって裕福な商家では結納・結婚式の行事が行われ、庶民が行うようになったのは
明治時代になってからです。このように庶民の間でごく当たり前に結納を取り交わすようになる迄には、
ずいぶん長い歳月を要したのです。

結納は結婚の約束のために贈るものですから、結納品には自らの願いと
相手に対して誠意を込めて贈ったものです。
結納の儀式は何百年の歳月を掛けて育まれたしきたりの一つです。
こうしたしきたりはその土地に根付いた大切な生活の一面です。
結納は古い因襲ときめつけず、その土地で育まれた「よき日本文化」であり
「地方の生活文化」であると考えられるのではないでしょうか。
また、最近では伝統的なしきたりとしての結納ではなく
結婚されるお二人の記念のセレモニーとして結納をされる方も増えています。


結納飾り9点セット
結納飾り9点セット
資料請求は以下からどうぞ
資料請求フォーム

こちらのフォームをご記入後、一番下にある「送信する」ボタンを押してください。

万が一カタログが届かない場合はメール不着などのトラブルの可能性がありますので、
お手数ですがお電話(tel:06-6762-5041)やメール(info@yuinoh.com)にて、
ご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
は入力必須項目です。

会社名

部署名

お名前

フリガナ

郵便番号

都道府県

都道府県以下の住所

メールアドレス

メールアドレス(確認入力)

電話番号

FAX番号

自由記入欄